ベビーマッサージ

ベビーマッサージにオイルは必要?

ベビーマッサージはマッサージオイルを使って行なうことが多いのですが、オイルを使うことによってベビーマッサージをする時に肌触りを良くして摩擦を減らすだけでなく、赤ちゃんのお肌の汚れが取れたり、保湿する効果なども期待できるそうです。

もちろんやってみればわかるとおり、オイルを使って行なう方がより引っ掛かりなくスベってやりやすい感じがします。また、気のせいかもしれませんが、うちの子供はベビーマッサージをはじめて3ヶ月くらいたった頃からオイルを出すとおとなしくなるのです。 わかっているのかどうかは不明? ですが、自分でもベビーマッサージの準備をしているのでしょうか、おとなしくなるようになりました。

ベビマオイル

どんなオイルを使うの?

使うオイルの種類は植物性のキャリアオイル。一般的には「ホホバ オイル」「グレープシード オイル」「スイートアーモンド オイル」「マカダミアナッツ オイル」「アプリコット オイル」「セサミ オイル」などを使うことが多いのですが、うちの娘の場合は「グレープシード オイル」が一番合っていたように思います。
    
【ベビーマッサージによく使われるオイル】
 ・ホホバ オイル
 ・グレープシード オイル
 ・スイートアーモンド オイル
 ・マカダミアナッツ オイル
 ・アプリコット オイル
 ・セサミ オイル

オイルを販売しているメーカーには、コーラルムーン、FrancesMurphy(フランシス・マーフィー)、メドウズなどが良く知られていますが、その他にもニールズヤード レメディーズ、パーフェクトポーション、プラナロム、プリマライフ(プリマヴェーラライフ)、honoka(ほのか)、メイメイ、ロゴナ・・・等、たくさん出ていますので、赤ちゃんのお肌との相性や値段などと相談して購入すれば良いと思います。

私のおすすめ!

ちなみに、私の好きなメーカーは「ニールズヤード社」のオイル。その理由は、使い心地がいいのはもちろんですが、ビンがおしゃれで使い終わってビンが空になっても部屋に飾れちゃうのです。
あと、ニールズヤードはお店でハンドマッサージを教えてくれるんです(無料です^^)。ペアになってマッサージしあうので、お友達と行くと楽しいかも!


ニールズヤード ベビーマッサージオイル

ちょっと注意!

ベビーマッサージオイルは植物油ですから、開封するとすぐに酸化してしまいます。開封後はできるだけ早く使い切るように注意が必要ですね。また、ちゃんと遮光瓶に入っているものを選ぶといいと思います。

あと、初めて使うオイルは「パッチテスト」という赤ちゃんのお肌にそのオイルが合うかどうかのテストをすることが推奨されます。「パッチテスト」は、どこのベビーマッサージ教室にいっても必ず「やりましょう」と言われます。 (が、私はやったことがありません^^;)
でも、赤ちゃんはお肌が敏感なので、必ずやった方がいいと思います♪

パッチテストのやり方は簡単で、オイルを赤ちゃんの上腕の内側(二の腕)にちょっとだけ(10円玉くらいです)塗ってみて1〜2日間様子を見るだけ。オイルを塗った場所のお肌が赤くなったり、発疹が出なければ、そのオイルを使ってOK!となります。

かなり注意!

中には「安いから」といって、食用油を使っちゃうお母さんがいるのですが、食用オイルを使って、そのあとに赤ちゃんの体が「発疹だらけ!」になってしまったケースもみたことがあります。多少高くても、ちゃんとベビーマッサージ用の100%ピュアオイルを使いましょうね。

ベビーマッサージによく使われるオイル

 ・ホホバ オイル
 ・グレープシード オイル
 ・スイートアーモンド オイル
 ・ヘーゼルナッツ オイル
 ・マカダミアナッツ オイル
 ・アプリコット オイル
 ・セサミ オイル

オイル 豆知識

マッサージに使うオイルについての「ちょっとした知識コーナー

スポンサードリンク

サイトめにゅー

Copyright (C) 2007 ninananna. All Rights Reserved.